落胆の新潟戦

前回のホームでは結果を出せなかったチームですが、そろそろ目に見えた形での結果が欲しいところ。
画像

6000人を超える観客です。
画像

試合開始早々に3バックの裏をつかれ、飛び出した南がファールの判定でPK 。正直?の判定でした。
で、失点でまたもや先制される展開。
それでも前線のイバの踏ん張りから松浦のゴールを引き出し同点に。

後半も攻められながらも耐えていたが、伊野波のファールからのセットプレーからまたしても決められてしまい、残り時間がなくなる。
結局そのまま試合は終了。
未だホーム勝ち無しのノッキング状態。
画像

言いたくはないが、選手、監督が言えないから代わりに言いますが、主審のジャッジは不安定で、相手側のハンドを見逃したように見えた。
イバも足を踏まれたがプレー続行。
何でもないうちのプレーはファールを取る頭に来る判定にはイラついた。
もちろんなんでヨンアピンが外で伊野波が3バックの一角なのかは不明。それの為か、新潟の2トップの外人選手に裏をとられ過ぎなのも納得いかない。
収穫はスタメンの松浦と斎藤光毅の二人。素晴らしい動き連発で今後の鍵になるのではないでしょうか?

ただし、この試合を生で見たサポーターは相当イラついたのではないでしょうか?
シーズン前の期待を全てひっくり返してしまったこの4試合。
J 1への道を遥か遠くに感じさせられた試合でした。
また、DF から再構築が必要となれば
いばらの道が待っているのでしょうか?
ただ、相手は訳のわからないPK と不安定なジャッジのセットプレーからの得点。かたや流れのなかから崩して得点した我がチーム。
明日があるのはどちらなんだろうか?
願わくはこういった実直なプレーの果てに未来があって欲しいと願います。すぐ次の試合が差し迫ってます。
連続するJ 2のシーズンでは短期にチームを建て直すのは厳しいと思いますが、今は次節の勝利を信じて応援したいと思います。
次こそは~(^-^)v

この記事へのコメント