祝予選突破!

昨日のサッカー中継は見るのが大変でしたよ。
隣の部屋のテレビもつけてコロンビアの試合も見ていたんで(笑)
右見て左見ての繰り返し(笑)

それでも後半ポーランドに得点を入れられた時は喪失感が半端なかったです。
コロンビアが点を取ってからはセネガルが物凄い攻勢をかけていたし、同点ならあ~なるとか流れが2試合とも全く分からない状態でした。
で、残り10分頃のあの西野采配にはびっくりしました!
しかもポーランドも攻めて来ない事態に。
まあ、サッカーを見続けて長いけどあのサッカーをやりますか。
多分にリスキーではありますが、監督は試合前からどういったリスクを取るべきかを考えていたのでしょう。
すなわち攻めて2失点する場合とこのままコロンビアの勝利を。
まあ、これは日本代表くらいしか取れない究極の選択だったろうとも思う。
もちろんラスト10分の采配としては頭の片隅にはあったはず。
で、2点目を取られないリスクを取った。見ている方はびっくりですよ。もう両方のテレビを食い入るように見るしかない。
ポーランドをそれを良しとして攻めなかったのだから日本ばかりが責められるべきものではないだろう。

名を取るより実を取ったとも言える?
その上で、次のベルギー戦はアウェイの観客とも戦う羽目になるかも知れないが、予選敗退で帰るより決勝トーナメントに進んだ方がよっぽどましだし、その経験値は計り知れないものになるだろう。
何となくだがこれを境に日本のサッカーの転換期が来る?気がしました。上手くは言えないけど何となく…

W 杯初心者の頃なら今回の試合運びをしたかどうか?
今は本当のサッカーの恐ろしさ、苦しさ、悔しさ、儚さ、楽しさ、歓喜を知っているからこの試合運びになった。ただそれだけのこと。
何年もJ リーグを見たり、w杯予選を見ていれば勝つことの難しさをサポなら知っている!

案の定海外メディアは日本を叩いているようだが、日本人の真相心理など分からないのだから無視でOK!

まあ、文句ならこのルールを作ったFIFA に言えってもんだ。
当のFIFA もこんな形で決まりとは思ってもいなかったかも知れんが(笑)
セネガルの監督も認めてくれていたみたいだしね。

今後、もし今回のようにイエローカードでの勝敗が決まるような試合が、日本戦を引き合いに出して批判するのだろうか?
それがもし批判していた国のチームだったら、そこの自国のマスコミは何と言うのか楽しみだ(笑)

高いチケット払って見に来てのにと批判している人がいたが、笑止千万、あの利権団体のFIFA にこそ目を向けるべきだろう!

ドイツですら予選敗退しているというw杯予選、勝ち抜くのは容易ではないということを我々は肝に命じなければならない。

負けたが勝った!!ということも初戦、2戦目を正しく戦ったから言える。
それ以上でもないしそれ以下でもない。それに尽きる。
次のベルギーはとても強い!
2002年の時の比ではない。
でも、そのベルギー相手に「日本の」サッカーで挑む代表をだからこそ全力で応援したいと思う次第です。分けも無いしね。

まあ、長々と書いて来ましたが日本のプライドを胸に次の試合を戦って下さい。
我々の誇りなんだから!
ではまたです~( ´∀`)/~~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント